Baseball diary

野球のことかきま~す。

野球のバッティングで飛距離を出す方法!正しいスイングとは

f:id:sdmuku:20170218121123j:plain

野球のバッティングで飛距離を出す方法正しいスイングとは

誰もがホームランを打ちたい、もっと飛距離を出したいと思いますが、

どんなことをすれば手っ取り早く飛距離を出すことができると思いますか?

筋トレや練習で体重を増やしたり、テクニックを学んだりすることも大切です。

しかし、まずは正しいスイングをする必要があります。

飛距離を出すには正しいスイングをしようという身も蓋もないことなのですが

意外とできていない人も多く、

自分は正しいスイングができているから大丈夫という人も確認の意味でも

今回の記事を参考にしてみてください。

 

絶対やってはいけないダメなドアスイングとは

f:id:sdmuku:20161216204131j:plain

正しいスイングをしたいならまずは絶対にやってはいけない

ドアスイングについて知っておく必要があります。

このドアスイングとは何なのか、

よく野球では、バットを最短距離で出しなさいと言いますが

簡単に言えばこの最短距離でバットが出てこないスイングのことを

ドアスイングと言います。

打席でボールに対して振り遅れたり、差し込まれたり、詰まったりするようなことが

多ければドアスイングを疑ってみる必要があります。

文字通り最短距離でバットが出てこないのでこのような状態になります。

少年野球などまだ球が遅い投手と対戦する場合は、意外と打てる場合もありますが

中学野球になるとでだんだん対戦投手の球も速くなってきますので、打てなくなってきます。

ドアスイングの直し方

f:id:sdmuku:20170321224200j:plain

ドアスイングの直し方ですが、

上にも書いた通りバットが最短距離で出てこないのが原因です。

つまり、ドアスイングで振ってしまう打者のスイング軌道は身体の後ろ側から出てきます。

この軌道がロスになっているのです。

なので後ろ側からバットを出さない為の練習方法を紹介します。

壁の前に立って素振りをするという練習方法があります。

いつも通りのスイングだと後ろの壁にバットが当たってしまいます。

この練習だとバットを最短距離で出すしかないので嫌でもドアスイングが改善されます。

ただ今までドアスイングだった選手は最短距離でバットを出すイメージがなかなかつかみづらいです。

最短距離でバットを出す際のポイントは、

バットを真下に出すイメージです。

バットを真下に出すイメージで回転すれば最短距離でスイングすることができます。

あくまでも私の意見ですので参考程度にしてみてください。

 

分かりやすいドアスイングの矯正動画がありましたので、張っておきます。

高校野球ドットコムさんのチャンネルの動画になります。

他にも為になる動画がたくさんありますので、チャンネル登録しておきましょう!


BBLバッティング基礎講座 ドアスイングをたった5分でなおす方法

動画の矯正方法ではトップの作り方の説明もありとても参考になります。

しっかりと動画で言われている捻転の力を使って最短距離でバットを出していくことが

スイングの基本となります。

素振りでも良いですが、しっかりとボールをミートした時の感覚を掴みたいので

トスバッティングなどで試してみるのもオススメです。

どうしても素振りしかできない人には、しっかりと最短距離でバットを出し

身体の前で打つことを身体に身につけることができるトレーニング用品があります。

 「パワースラッガー」といって、インパクト時に音が鳴ります。

ドアスイングだと身体の前で音がなりません。

しっかりと最短距離でバットが出せているか確認するためにもかなり良い商品だと思います。

私が考える正しいスイングの理想3つ

f:id:sdmuku:20170216133650j:plain

私が考える理想のスイングというのが3つあります。

とりあえずこの3つができていれば打球は飛びます。

もちろんこれから紹介する以外のテクニックもありますが、(少しボールの下側を打つなど)

まずは、

  • しっかりと脱力してインパクト時に100%
  • 最短距離でバットを出す。
  • インパクト後のフォローを大きくする。

この3つが理想のスイングだと私は思います。

しっかりと脱力してインパクト時に100%

というのは、インパクトまでの間に力が入って力んでしまうと、スイングが遅れてしまうからです。

これだとしっかり最短距離でバットを出していても、打者が不利になってしまいます。

最短距離でバットを出す

これは上のドアスイングのところでなぜ最短距離なのか書きましたので、ここでは書きません。

インパクト後のフォローを大きくする

これは、バットにボールが当たった後の話になります。

プロ野球選手でもホームランバッターはスイングが豪快ですよね。

最短距離でバットにボールを当てた後に

しっかりと腕の力を使ってバットを返せば自然とフォローは大きくなりますが、

手首の力を使ってバットを返してしまうとフォーローが小さくなります。

手首と腕ではもちろん腕の方が大きな力を発揮することができます。

まとめ

f:id:sdmuku:20170216142917j:plain

今回は、野球のバッティングで飛距離を出す方法としてまずは正しいスイングをしましょうということでした。

悪い例としてドアスイングを紹介しましたが、本当にスイングがドアになっている人が多いです。

投手のレベルが上がれば上がるほど打球が詰まったり、前に飛ばなくなってしまうので

もしドアスイングだった人はこれを機に改善されてみてください。

飛距離を出す方法として理想のスイングを3つ紹介しましたが、

もちろん他にもテクニックがありますので、今後記事で紹介していきたいと思います。

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村